飯塚市で殺人事件 大島綾が交際相手を殺害 スナック「Blenda」経営か

最終更新■

福岡県飯塚市堀池のマンションで6月18日、30代の女が60代の交際男性を刃物で刺して殺害する殺人事件が起きました。

福岡県警飯塚署は殺人未遂の疑いで、飯塚市堀池に住む自称スナック経営・大島綾容疑者(37)です。殺人容疑に切り替え捜査。大島綾=おおしま あや

飯塚市堀池で殺人事件のニュースのキャプチャ画像

画像出典:ANN

発表によりますと大島綾容疑者は午前4時55分ころ、飯塚市堀池の自宅マンションで、交際相手の60代の男性を果物ナイフで刺し殺害しようとした疑いが持たれています。

犯行後、大島綾容疑者が自ら「交際相手と喧嘩して刃物で刺した」などと警察に110番通報したことで事件が発覚。

この通報を受け警察官や救急隊らが現場に駆けつけたところ、男性が肩付近から出血し倒れていました。

男性は病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けましたが、間もなく死亡が確認されました。

警察は現場にいた大島綾容疑者から話を聞き、殺人未遂容疑で現行犯逮捕しました。

飯塚署によりますと、大島綾容疑者と男性が自宅で酒を飲んでいる際、何らかの原因で殴り合いの喧嘩が起き、男性が家を出ようとしたため大島綾容疑者が追いかけたところ、男性が殴りかかってきたため果物ナイフで刺したということです。

現場付近からは凶器に使われたと思われる血の付いた果物ナイフが見つかりました。

警察での取り調べに対して大島綾容疑者は「殺すつもりはなかった」などと供述し、容疑を否認しています。

飯塚署は殺人容疑に切り替え、大島綾容疑者から事情を聴くとともに、事件に至った経緯や犯行動機などについて詳しく捜査を進める方針です。

スナック「Blenda」経営、Facebook特定か

大島綾容疑者のTwitter・Facebook・InstagramなどのSNSを調べたところ、飯塚市に住むの同姓同名のFacebookのアカウントが見つかりました。

(Facebook:Aya Ooshima

大島綾容疑者のアカウントと断定できなかったため画像にモザイクをかけています。

大島綾容疑者の顔写真の画像

また、大島綾容疑者は「Blenda」と店舗名のスナックを経営していたとみられています。

「交際相手とけんか」男性刺され死亡 37歳女を逮捕(19/06/18)

2019/6/18 Youtubeにアップロードした動画

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑

殺人未遂罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役
殺人罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役

飯塚市で殺人事件…Twitterでの反応

飯塚市堀池のマンションでスナック経営の女が交際相手の男性を刃物で刺し殺害する殺人事件が起きたことなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

殺人事件現場付近(福岡県飯塚市堀池)場所の地図

以下、女が果物ナイフで交際相手を殺害した殺人事件現場付近・の地図(Googleマップ)。

コメント掲示板

コメントが投稿されてから表示されるまでタイムラグが発生する可能性があります。なお、誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. あらま、どうしましょ。

    みんな年齢差に疑問を投げかけてるけど、飲み屋のママには支援者がいる人も数多いはず。
    何もおかしくない。
    支援も受けず細々とやってるお店のママの方が温かみがあって自分は好きかな?
    飲み屋さん全部が悪いイメージを受けるような案件だけど、本当にちゃんとやってるお店もあるからね。
    そこは自分の判断力。
    ま、捕まったママも良い人なのかもしれないけど、判断を間違ってしまったね。
    結局、殴り合いをするほどの相手を選んだママも人を見る目がなかったってこと。
    良い歳して女に手をあげる男ってどうなの?
    でもそれを分かってて付き合い続けたママもどうなの?
    すぐに殺意は出てこないでしょ?
    マジどっちも判断ミスだな。
    結局、自業自得。
    起こるべくして起こった事件。
    だと自分は思う。

    • 名無し

      いちいちこういうことネットに書くな
      部外者首つっこむな

  2. 名無し

    なんかあるなら俺にこい
    いつでも相手しちゃあぞ

    • おい

      弱いお前がヘタな口叩くな
      ネットヤンキーがw
      人殺しは所詮人殺し
      罪を償うのが当たり前

  3. 名無し

    そりゃそうだ。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.