堀口七段が意味不明なポーズを決め入場 藤井七段は無反応で放送事故

最終更新■

堀口一史座七段(44)と藤井聡太七段(16)の対局で、堀口一史座七段が意味不明なポーズを決めるハプニングが発生しました。

ハプニングが起きたのは7月2日、第78期名人戦順位戦C級1組2回戦の堀口七段と藤井七段戦で、堀口七段が対局開始予定時間直前に対局室に入り意味不明なポーズを決め、畳の上にわざと転げたということです。

堀口七段はお菓子や飲み物が入ったコンビニを片手に対局室に入場、謎のポーズを決め記者を一瞥、「誰か将棋指しませんか?」などと記者に問いかけました。

堀口七段が意味不明なポーズを決めている画像

堀口一史座七段が「誰か将棋指しませんか?」と問いかけている画像

堀口七段は「藤井君と将棋?」と言いわざとその場で転げました。

堀口七段がわざと畳に転げている画像

この茶番に藤井聡太七段は反応することなく、厳しい表情を見せました。その後、堀口七段がダウンジャケットを脱ぎ対局は開始。

堀口七段と藤井七段の対局開始の画像

持ち時間は各6時間でしたが、午前中には決着がつき藤井七段の勝利で終局しました。また、藤井七段の消費時間は1時間18分に対し、堀口七段は4分(5時間56分残し)でした。

インターネット上には「放送見てたけどほぼ放送事故だった」「派手な入場決めて最速で帰ったのか…」「仮面ライダーみたいなポーズ決めてたな」「堀口七段どうしたの?ウケ狙いか?」などという声が多数ありました。

スポンサーリンク

堀口七段がポーズ決め入場…Twitterでの反応

堀口一史座七段と藤井聡太七段の名人戦で堀口七段が意味不明なポーズを決め入場したことなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

対局が行われた場所(大阪府大阪市福島区福島)場所の地図

以下、堀口七段と藤井七段の対局が行われた場所・大阪府大阪市福島区福島6丁目3−11「関西将棋会館」の地図(Googleマップ)。

スポンサーリンク

コメント掲示板

コメントが投稿されてから表示されるまでタイムラグが発生する可能性があります。なお、誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.