DQNの川流れ「玄倉川水難事故」大谷渓谷で同じ日/18人が孤立し話題

最終更新■

大分県玖珠町の大谷渓谷で8月14日、川が増水し男女18人が孤立状態となる事故が発生、偶然にも20年前の同じ日には同じ人数の18人が死傷する玄倉川水難事故(通称:DQNの川流れ)が起きており大変な話題となっています。

話題となっているのは8月14日午後4時半ころ、玖珠町の大谷渓谷でバーベキューをするため来ていた0歳~42歳の男女18人が孤立状態、ちょうど20年前の8月14日には神奈川県の玄倉川でバーベキューに来ていた男女18人が濁流に流され13人が死亡する水難事故が起きていたというものです。

大谷渓谷で孤立状態となった事故は、「川の増水で車が水没して動かなくなった。救助してほしい」などと消防局に119番通報があったことで発覚。

この通報を受け消防隊や警察官らが救助に向かいましたが、台風の接近の影響で川が増水しており現地にたどり着けませんでした。男女18人は近くにあった高台に避難し孤立状態となりました。

消防は15日午前8時過ぎに救助活動を再開し、男女18人全員を無事救助しました。幸いけが人は出ていませんでした。

孤立状態となったグループは男性12人と女性6人でバーベキューをするため、車6台に分乗して大谷渓谷を訪れていました。しかし、台風10号の雨の影響で川が増水、乗ってきた車が水没し身動きが取れなくなったということです。

以下は、大谷渓谷で男女18人が孤立状態となった場所とみられる画像です。

大谷渓谷で孤立状態となった場所の画像

画像出典:https://twitter.com/kuroiroSURF285/status/1161798310190936067/photo/1

以下は、20年前(1999)の同じ日に同じ人数が濁流に流された玄倉川水難事故(通称:DQNの川流れ)の記事とYouTubeの動画です。

玄倉川水難事故

1999年8月14日、山北町玄倉の玄倉川の中州で前日からキャンプをしていた子ども6人を含む行楽客18人が大雨やダム放流による増水で取り残され、救助活動中に流された。
5人は救助されたが、13人が死亡した。

出典:中州にキャンプ客18人孤立 決死の救助 激流に阻まれ | 社会 | カナロコ by 神奈川新聞

【玄倉川水難事故】「殴るぞ!失せろ!」「早く助けろ!」再三の退避勧告を無視してキャンプ続行!13名死亡

2014/8/10 Youtubeにアップロードした動画

玄倉川水難事故では、警察官やダム管理職員らが現場に訪れキャンプをしていた男女18人に避難勧告をしましたが「失せろ」「殴るぞ」「田舎の人は他人のプライバシーを侵すのが趣味か」などと言って拒否しキャンプを続行。

その後、避難勧告を無視した男女18人は濁流で身動きが取れなくなり、救助で駆けつけたレスキュー隊らに「ヘリを出せ」「早く助けろ」「お前らの仕事だろ」などと言っていました。

DQNの川流れ「玄倉川水難事故」の当時の現場画像

しかし、水位はさらに上昇し男女18人は濁流にのみ込まれ、男女13人が死亡する最悪の水難事故となりました。

DQNの川流れで男女18人が濁流に流されているニュースのキャプチャ画像

玄倉川水難事故はこれらの理由で、「DQNの川流れ」とも呼ばれています。

偶然にも玄倉川水難事故と同じ日・同じ人数が孤立状態になったことにTwitter上では「20年前の同じ日に同じ人数の同様の事故があったのを知った時、悪寒が走った」「DQNの川流れが謎に流行ってるなと思ったら再現されてたのね」「場所は違うけどちょうど同じ日に同じ人数でってのは怖いな…何かの呪い?」「同じ日に 18人の同じ人数 こんな偶然ある!?」などという声が多数あり大変な話題となっています。

DQNの川流れと同じ日に18人が大谷渓谷で孤立…Twitterでの反応

DQNの川流れ「玄倉川水難事故」と同じ日に同じ人数が大谷渓谷で孤立状態になったことなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

18人孤立状態となった場所付近(大分県玖珠郡玖珠町)場所の地図

以下、DQNの川流れと同じ日にバーベキューに来ていた男女18人が川の増水で孤立状態になった場所付近・大分県玖珠郡玖珠町大字日出生「大谷渓谷」の地図(Googleマップ)。

コメント掲示板

コメントが投稿されてから表示されるまでタイムラグが発生する可能性があります。なお、誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.