神戸市長田区の老人介護施設でクラスター隠蔽?Twitterで看護師が告発

最終更新■

兵庫県神戸市長田区の介護老人保健施設で新型コロナウイルスのクラスターが発生し、看護師がTwitter(ツイッター)で現状を告発し大変な話題となっています。

問題となっているのは4月14日~5月6日までに、神戸市長田区の介護老人保健施設で入所者や職員ら計123人のクラスター感染が発覚したという報道がありましたが、この介護老人保健施設の看護師がTwitterで現状を告発したというものです。

神戸 介護老人保健施設で入所者ら123人感染 13人死亡

神戸市内の介護老人保健施設で先月中旬以降、入所者ら123人が新型コロナウイルスに感染し、13人が亡くなっていたことが関係者への取材でわかりました。

神戸市の関係者によりますと、集団感染があったのは長田区の介護老人保健施設です。

この施設では、先月14日に新型コロナウイルスの感染者が確認され、その後、6日までに入所者や職員らあわせて123人の感染が確認されました。
このうち13人が症状が悪化して亡くなったということです。
神戸市は、クラスターが発生したとして、感染経路などを調査するとともに、医師や看護師などのチームを施設に派遣して患者への投薬や酸素吸入などを行っているということです。
関係者によりますと、市内の医療提供体制がひっ迫していたため、多くの感染者が入院できず、施設内で待機や療養をしていたということです。
一方、神戸市は、初めて感染者が確認されてから20日以上たった6日も、今回の集団感染について発表していません。
これについて神戸市は、「施設内で感染者が急増して、正確な人数の把握が間に合わなかった。近日中に発表したい」としています。

出典:神戸 介護老人保健施設で入所者ら123人感染 13人死亡|NHK 関西のニュース

(Twitter:@toshiodesuga

告発内容によりますと、この介護老人保健施設ではクラスターで13人が死亡したという報道がありましたが、現状は利用者23名の方が救急要請受け入れ不可で亡くなったということです。

また、「保健所の人は病床使用率95超えたって言ってましたけど?半月間で施設で23名が救助要請受け入れ不可で亡くなりましたが一切報道無し。今も数名が死亡するのを待つ状態です」などというツイートもありました。

この現状にTwitter上では「同じくらいのタイミングで、ニュースでも報じられ始めましたね。状況の改善につながることをお祈りしています」「国はもっと大胆な対応が出来ないものでしょうか」「長田区の老健で働く看護師です。明日は我が身です。うちの施設もワクチンまだです。気持ちわかります。。辛いですね」などと様々な声が多数投稿されていました。

神戸市長田区の介護老人施設でクラスターの現状…Twitterでの反応

神戸市長田区の介護老人施設で123人が新型コロナに感染するクラスターが発生、看護師がSNSで現状を告発したことなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

クラスター発生場所(兵庫県神戸市長田区)場所の地図

以下、老人介護施設でクラスターが発生した場所・兵庫県神戸市長田区の地図(Googleマップ)。

コメント掲示板

コメントが投稿されてから表示されるまでタイムラグが発生する可能性があります。なお、誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.