沖縄県恩納村の山田保育所に子猫の死骸-頭部と手足バラバラに切断

最終更新■

沖縄県恩納村山田99にある保育園「山田保育所」で9月20日、バラバラに切断された子猫の死体が見つかる事件が起きました。

発表によると20日午前9時半ころ、山田保育所の敷地内にある芝生に、切断されたとみられる子猫の頭部や前後左右の足4本などが捨てられていたということです。

沖縄県警石川署の話では、子猫の頭部の大きさなどから、生後約1週間~2週間程度とみられているとのこと。

なお、この子猫の胴体は見つかっていません。

死骸が捨てられていた場所は山田保育所の敷地内ですが、外の道路から約3mほど中であったことから、道路側から投げ入れられた可能性が高いとみられています。

また、前日の19日夕方ころには死骸がなかったといい、19日夜~20日未明の犯行とみられます。

特に山田保育所でトラブルを抱えているということはなく、犯人の目的は不明。

沖縄県では、他にも嘉手納町で子猫の切断死骸が見つかる事件が2件相次いでおり、同一犯による犯行の可能性もあります。

石川署では、動物愛護法違反の容疑で、子猫の死骸を投げ入れた人物の特定に向けて捜査を進めています。

関連する犯罪の法定刑

動物愛護法違反…2年以下の懲役または200万円以下の罰金
器物損壊罪…3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料

嘉手納町でも子猫の切断死骸が相次ぐ

沖縄県内では、山田保育所から約10kmほど離れた嘉手納町でも、8月23日と9月2日に切断された子猫の死骸が見つかっています。

同一犯が、連続して各地に投棄している可能性が高いと考えられます。

なお、こういったネコに対する虐待行為や切断・解剖行為などは、全国で定期的に発生しています。

関連リンク
神戸市長田区で猫の両目くりぬかれ口の中へ
留萌市の潮静公園に切断された猫の頭-野球場マウンド
ニコニコ動画で猫を檻に閉じ込め川に沈める様子を生放送

ネコへの虐待行為は、重大事件の前兆となることもあり、注意が必要です。

神戸で発生した通称「酒鬼薔薇事件」においても、容疑者の少年は動物への虐待行為からエスカレートして殺害対象が人間に推移した事例があるほか、今年発生した佐世保での女子高生バラバラ殺人事件(佐世保女子高生殺人事件の容疑者少女の過去)においても、ネコの殺害や解剖などからエスカレートしていきました。

沖縄・子猫死骸事件 嘉手納町でも同様の事件2件

2014/9/22 13:00頃にFNNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

ネコ切断事件に関するTwitterでの関連投稿

事件現場(恩納村山田99)場所の地図

山田保育所内の猫の死骸が見つかった遺棄現場付近

この記事について

2014年9月22日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. o(`^´*)

    韓国人の移民が増えてからこういう事件多くなった

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.