東仙台交番で殺人事件 刃物男が襲撃し警察官殺害 拳銃発砲で犯人死亡

最終更新■

宮城県仙台市宮城野区東仙台の東仙台交番で9月19日、警察官が訪ねてきた男に刃物で刺され殺害される殺人事件が起きました。別の警察官が拳銃を発砲し、男も死亡。

この殺人事件で死亡したのは、仙台東署東仙台交番に勤務・清野裕彰巡査長(33)です。清野裕彰=せいの ひろあき

東仙台交番の殺人事件で殺害された清野裕彰巡査長の顔写真の画像

画像出典:ANN

発表によりますと9月19日午前4時ころ、仙台市宮城野区東仙台2丁目にある仙台東署東仙台交番で、刃物1本とマシンガン形状のモデルガンを所持した男が訪れ、清野裕彰巡査長を襲い殺害したということです。

東仙台交番襲撃・殺人事件のニュースのキャプチャ画像

画像出典:ANN

マシンガンと刃物を所持した男が仙台の交番を襲った殺人事件の画像

画像出典:ANN

数分後、仮眠室にいた男性巡査部長(47)が怒鳴り合う声を聞きつけ様子を確認すると、清野裕彰巡査長が床に血まみれの状態で倒れていました。

また、男も床に倒れていましたが起き上がり、刃物とモデルガンを持って向かってきたため、男性巡査部長は「刃物を捨てろ。発砲するぞ」などと警告し1発を発砲。しかし、男が止まることなく向かってきたため、男性巡査部長はさらに2、3発目を発砲しました。

その後、男性巡査部長が非常用ボタンを押し「巡査長が刃物で刺された」などと緊急通報したことで事件が発覚。

この通報を受け救急隊や警察官らが現場に駆けつけ、清野裕彰巡査長と犯人の男を病院に救急搬送しましたが、2人とも間もなく死亡が確認されました。

当時、交番には清野裕彰巡査長と男性巡査部長の他、男性警察官2人の計4人が勤務していたということです。男性警察官2人は仮眠室で休んでいました。

宮城県警は「事件の内容から発砲の判断は適切だった」などと説明しました。

東仙台交番の発砲・殺人事件のニュースのキャプチャ画像

画像出典:ANN

交番襲撃、拳銃発砲までの経緯、現場の画像

事件当時、男は「現金を拾った」などと言い交番を訪れており、落とし物の届け出だと思い清野裕彰巡査長と男性巡査部長の2人で対応していたということです。

その後、清野裕彰巡査長に対応を任せ男性巡査部長が奥の部屋に入った後、男が刃物で襲いかかってきたということです。

異変に気づいた男性巡査部長が駆けつけ、男に警告し拳銃3発を発砲しました。

男の所持品からは身元の特定につながるようなものは見つかっていないということです。

以下は、Twitterユーザーが投稿した東仙台交番周辺の画像です。

東仙台交番襲撃・殺人事件の現場の画像

画像出典:https://twitter.com/touhokutetsu719/status/1042190370166067200/photo/1

宮城県警は殺人事件として、男の身元の確認を急ぐとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

【関連リンク】

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.